すきタビ

ワーホリ・旅行・お店

ついにオーストラリアに行けました!準備編

2022年2月にオーストラリアへ

 

 

渡航が解禁され、

 

 

私もついにオーストラリアに行くことが

 

 

出来るようになりました。

f:id:urechang:20220403103027p:plain

しかし、初め予定していたパースに

 

 

行く事は出来なかったので、

 

 

代わりにシドニーへ行くことにしました。

 

 

出発は3月にしました。

 

 

12月後半頃に出発の日付も決めました。

 

 

やることは沢山ありました。

 

①航空券の購入

f:id:urechang:20220403103133p:plain


出発日は3月5日土曜日。

 

 

しかし、コロナウィルスの影響で

 

 

シドニー行きはANAJAL

 

 

合わせて週6便の運航となっており

 

 

個人的にJALのマイルを貯めているので

 

 

JALで行きたかったのですが

 

 

3月5日土曜日は運航されておらず、

 

 

代わりにANAで行きました。

 

 

運賃は手数料などすべて込みで

 

 

91,590円でした。

 

 

12月に申し込みましたが、

 

 

それ以前はもう少し安い時もありましたが、

 

 

値段は常に変動していました。

 

 

7万まで安くなったと思ったら、

 

 

10万まで上がったりという感じでした。

 

 

②海外転出届

f:id:urechang:20220403103229p:plain



市役所で書類に記入するだけで

 

 

終わりました。

 

 

その時にマイナンバーカードに

 

 

「海外転出の為」と印刷されます。

 

 

海外転出届を出すと、マイナンバーが

 

 

一時的に無効になるので、その理由が

 

 

印刷されたんだと思います。

 

 

③年金

f:id:urechang:20220403103254p:plain



海外転出届を出した時に

 

 

そのまま年金の担当につないでもらい、

 

 

国民年金に加入していたので

 

 

オーストラリアにいる間は

 

 

支払いを免除してもらいました。

 

 

この時も書類を書いてすぐ終わりました。

 

 

④歯の治療

f:id:urechang:20220403103315p:plain



私が加入した海外旅行保険

 

 

歯科治療適用外のプランを

 

 

申し込んだので、日本で歯を診てもらい、

 

 

治療が必要ならしてもらう事に

 

 

しました。

 

 

ちょうど虫歯が出来ていたので

 

 

診てもらうと、他にも虫歯があり

 

 

親知らずも4本すべて抜いたほうがいいと

 

 

言われました。しかし

 

 

出発まで残り3週間しかなく、

 

 

抜歯を行う別の病院は

 

 

1か月後まで予約でいっぱいでした。

 

 

なので、歯の穴をふさぎ

 

 

虫歯の進行を遅らせる薬を

 

 

塗って親知らずの治療は終了しました。

 

 

虫歯の治療は出発までに

 

 

終わりました。

 

 

歯医者にはいつでも行けましたが、

 

 

後回しにしていたのですべての

 

 

治療は出来ずに出発してしまいました。

 

 

もっと早く行っていればよかったなと

 

 

後悔しています。

 

 

親知らずは痛くならなければ、

 

 

3年後に日本で抜歯しようと

 

 

思います。

 

 

⑤海外送金の為ネットバンク開設

f:id:urechang:20220403103343p:plain



 

デビットカードを持っていなかったので

 

 

これを機に作ろうと思いました。

 

 

また楽天銀行金利がいいと前々から

 

 

知っていて口座が欲しいと思っていたので

 

 

楽天銀行を開設しました。

 

 

ですが、登録するのが遅くなり

 

 

出発の3日前にカードが届きました。

 

 

その後もログインが出来なくなり

 

 

出発前日の深夜に楽天銀行

 

 

連絡してなんとか使えるようになりました。

 

 

もっと早くしていれば

 

 

深夜に冷や汗をかくことも

 

 

なかったでしょう。

 

 

⑥残高証明書

f:id:urechang:20220403103406p:plain



ビザ申請の時に一度

 

 

出してもらいましたが、

 

 

念のため最新の残高証明書を

 

 

出してもらいました。

 

 

キャッシュカードを渡して

 

 

手続きをしてもらいました、

 

 

「受け取りは5日後になります。」

 

 

間に合いません。

 

 

出発まで間に合わないと伝えると、

 

 

当日に受け取ることが出来ました。

 

 

通常は別の郵便局に

 

 

依頼して自宅に郵送されるのですが、

 

 

私が依頼した郵便局で

 

 

当日に作成してくれました。

 

 

ありがとうございました。

 

 

入国して約1ヶ月経ち、銀行口座を

 

 

開設しましたが、

 

 

まだ一度も使っていません。

 

 

⑦PCR検査・陰性証明書

f:id:urechang:20220403103428p:plain



オーストラリア入国の時に

 

 

出発の72時間前の

 

 

陰性証明書が必要でした。

 

 

そもそも渡航用PCR検査を

 

 

している病院は少なく、

 

 

さらに結果が分かるまで数日かかる

 

 

病院もあり、どこでもいいわけでは

 

 

ありませんでした。

 

 

私が行った病院は3時間後に

 

 

結果が分かりその日のうちに

 

 

陰性証明書も受け取れました。

 

 

値段は証明書代込みで23,200円でした。

 

 

高いなあ、、、、

 

 

⑧ワクチン接種証明書

f:id:urechang:20220403103559p:plain



こちらもオーストラリア入国に必要でした。

 

 

基本はデジタルで発行され、紙で

 

 

証明書が欲しい場合は役所に行き

 

 

理由を説明して発行してもらいます。

 

 

約1ヶ月かかるそうです。

 

 

デジタル証明書はアプリに対応した

 

 

スマホマイナンバーカードと

 

 

接種券があれば発行出来ました。

 

 

私のスマホは残念ながらアプリに

 

 

対応しておらず、以前使っていた

 

 

iPhoneを使おうと思っていましたが、

 

 

その日の夜に床に落とし画面がつかなく

 

 

なりました。

 

 

そこで、新しいスマホを買いました。

 

 

当時は無駄な出費だなあと

 

 

思っていましたが、今になると

 

 

あの時スマホを買っていてよかったなあと

 

 

思う事件がありました。それはまた別の

 

 

記事で書きます。

 

 

新しいスマホを手にして、無事接種証明書を

 

 

手に入れました。

 

 

⑨DPD

f:id:urechang:20220403103650p:plain


Digital Passenger Declarationを略した

 

 

もので、「デジタル乗客宣言」

 

 

という意味です。

 

 

これもオーストラリア入国に必要でした。

 

 

内容は最近の渡航歴や陰性証明書など

 

 

コロナウイルスに関する個人情報です。

 

 

出発の72時間前までに記入して提出

 

 

する必要がありました。

 

 

私は2週間前に済ませており

 

 

何の心配もありませんでしたが、

 

 

当日空港のカウンターで

 

 

未記入の欄があるので

 

 

埋めないと入国できないと言われ

 

 

ログインしようとしましたが、ログインできず

 

 

アカウントがロックされました。

 

 

この時には、準備期間2回目の

 

 

冷や汗をかきましたが、ANAの方が

 

 

「別のメアドで登録してください」と

 

 

言ってくださり、「この手があったか!」と

 

 

安心しました。そしてなんとか

 

 

登録が終わり、航空券を受け取り

 

 

出発出来ました。シドニーでの

 

 

入国も問題なく出来ました。

 

 

⑩荷造り

f:id:urechang:20220403103832p:plain


オーストラリアの冬の気温を

 

 

調べただけでは必要な服装が想像できずに

 

 

何を持っていくべきかとても悩みました。

 

 

現地で服を買えばいいとも

 

 

思いましたが、物価が高いのでなるべく

 

 

日本で買い揃えたいと思いました。

 

 

結局45リットルのスーツケースと

 

 

60リットルのバックパックの2つが

 

 

パンパンになるくらいの

 

 

荷物になってしまいました。

 

 

しかし、オーストラリアには日本の

 

 

ドン・キホーテの様に

 

 

何でも安く買える大型店が

 

 

いくつもあり、

 

 

ダイソーも沢山あったので

 

 

荷物を持ってきすぎたと感じました。

 

 

荷物についても別の記事にしたいと思います。

 

 

そうして何とか準備は間に合い、

 

 

無事にオーストラリアシドニーへ向けて

 

 

飛び立ちました。

f:id:urechang:20220403103115p:plain

 

続く