すきタビ

ワーホリ・旅行・お店

チェックインからチェックアウトまで、完全自動化ホテル!「変なホテル福岡博多」に行ってきました!

f:id:urechang:20191109144522g:plain

「変なホテル」とは、フロントでの受付業務など館内のいたるところでロボットが活躍

 

 

する、最先端ホテルです。

 

 

2015年にハウステンボスにオープンして、現在では全国に16館あります。

(2019年11月現在)

 

 

今回は2019年1月に開業した「変なホテル福岡博多」に行ってきました。

 

f:id:urechang:20191109143620g:plain

変なホテル福岡博多

 

建物の脇の通路からエントランスに行きます。手前はレストランです。

 

f:id:urechang:20191109145531g:plain

エントランスへ

 

フロントでは2匹の恐竜が出迎えます。

 

f:id:urechang:20191109145704g:plain

フロント係

予約番号などを機械に打ち込みます。飛行機の自動チェックイン機のようでした。

 

 

チェックインが完了するとカードキーが機械から出てきます。

 

 

私は荷物を預かってもらっていたので、引き取りました。ここでは生身の人間が対応

 

 

してくれました。

 

 

カードキーを受け取りエレベーターで部屋に向かいます。

 

f:id:urechang:20191109150105g:plain

エレベーターの案内板

 

いよいよ部屋に入ります。

 

荷物の引き取りがなければ、だれにも会わずに部屋まで行くことができます。

 

f:id:urechang:20191109150350g:plain

2ベットルーム

1人で利用しましたがベットは2つありました。空調が入っており寒かったです。

 

 

バスルームの扉は2枚扉で浴槽付きのバスルームとなっており、ホテルというよりも、

 

 

賃貸のようでした。脱衣場はありません。

f:id:urechang:20191109150757g:plain

バスルーム

洗面台はコンパクトで、人が一人入るくらいの幅です。歯ブラシ、くしなどアメニティ

 

ーも充実しています。

f:id:urechang:20191109151057g:plain

洗面台

 

ホテルオリジナルのマグカップがありました。ティーバックも置いてあります。

f:id:urechang:20191109151829g:plain

 

各部屋にタブレットが置いてあり、オリジナルコンテンツや地図などが利用できます。

 

f:id:urechang:20191109152156g:plain

タブレット端末

 

女優ミラーも実は隠れていました。何もないテーブルだと思っていると

 

 

f:id:urechang:20191109152341g:plain

なぞの溝があります

 

溝があり、不思議なテーブルです。ここを開けてみると

 

f:id:urechang:20191109152547g:plain

女優ミラーの登場です。

 

開くと自動でライトが付きます。さらに収納が現れます。しかし、ここに収納すると忘

 

 

れそうです。笑

 

 

また、開業したばかりなので建物はきれいです。部屋の天井が低い気がしました。

 

 

設備もホテルよりも賃貸マンションのような部屋でした。必要最低限の広さは確保され

 

 

ていましたが、私は少し窮屈に感じました。二人で利用すると狭いと思います。

 

 

朝食は1階のレストランで用意されています。今回は利用しませんでした。

 

 

チェックインもアウトも完全自動化されているので、楽しいし、従業員に一度も会わず

 

 

に過ごす事も出来ます。「変なホテル東京浅草田原町」では、ホテルの受付として世界

 

 

 

初のホログラムなので一度行ってみたいです。

 

 

 

変なホテル福岡博多

福岡県福岡市博多区中洲5丁目4−19

福岡市営地下鉄空港線箱崎線 中州川端駅徒歩3分

チェックイン15時 チェックアウト11時